はじめに

Vertica7.2 より、「主キー/一意キー制約」 による重複データの排除が可能になりました。本機能を有効にした場合、Vertica7.1 と比べて以下の動作に違いがあります

・COPY, INSERT 文などDML 実行時に「主キー/一意キー制約」 による重複データの追加を自動で防ぐことができます。
・データ挿入後の「ANALYZE_CONSTRAINTS」 コマンドによるキーの重複確認が不要になります。Vertica7.1 でも「主キー/一意キー制約」 を設定することはできましたが、重複データの追加は可能でした。

主キー/一意キーの有効化

テーブルを新規に作成した場合の動作を「テーブル単位」 もしくは「データベース単位」 で指定することができます。

テーブル単位で設定する場合

CREATE TABLE 文のオプションとして、「テーブル単位」 で設定します。

dbadmin=> CREATE TABLE test_tbl (EMPNO INT PRIMARY KEY ENABLED, ENAME VARCHAR(10));
 「ENABLED」 : 重複データ排除有効
 「DISABLED」: 重複データ排除無効

データベースで設定する場合

データベースのデフォルト値を変更します。CREATE TABLE 文のオプションを設定する必要はなく、データベースのデフォルト値が採用されます。

dbadmin=> ALTER DATABASE SSBM SET EnableNewPrimaryKeysByDefault=1;
 「EnableNewPrimaryKeysByDefault/EnableNewUniqueKeysByDefault=1」: デフォルトの重複データ排除有効
 「EnableNewPrimaryKeysByDefault/EnableNewUniqueKeysByDefault=0」: デフォルトの重複データ排除無効

 ※ データベース作成時点では「0」 が設定されています。
 ※ 変更はオンラインで可能です。データベースの再起動は不要です。

実行例

EMPNO 列が主キーのテーブルに、重複データを格納した場合の実行例をご紹介します。

CREATE TABLE 文のオプション使用例

1) CREATE TABLE 文のオプションを使用


2) 重複データ挿入時の動作


データベースパラメータの使用例

1) CREATE TABLE 文のオプションは未設定


2) 重複データ挿入時の動作


3) データベースパラメータの変更


4) CREATE TABLE 文のオプションは未設定


5) 重複データ挿入時の動作


一意性チェックが行われる処理

本機能を有効化した場合に、以下の処理に対して、一意性チェックが行われます。

・「INSERT 文」 : 単一行の挿入およびSELECT パラメータを含むINSERT 文
・「バルクロード」: COPY 文を使用するバルクロード
・「UPDATE もしくはMERGE 文」: すべてのUPDATE およびMERGE 文
・「メタ関数」 : MOVE_PARTITIONS_TO_TABLE およびSWAP_PARTITIONS_BETWEEN_TABLES
・「ALTER TABLE 文」: すでにデータをもつ既存のテーブルに対しADD CONSTRAINT もしくはALTER CONSTRAINT パラメータを含む文

参考情報

以下の記事では、Vertica 7.1 で主キーを設定した場合の動作について、ご紹介しています。ご参考までに、あわせてご確認ください。

・テーブル内の重複データを確認する方法
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/check-overlap-data/

検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 7.2 で確認しています。