はじめに

Verticaのバージョンアップをする場合の注意点および手順について、ご紹介します。今回は、Vertica 8.1 から 9.1 へのバージョンアップを例に詳細をご説明します。

注意点

各バージョン毎にバージョンアップ・パスは違います。現在、ご利用中のバージョンに応じて、複数回のバージョンアップが必要になります。例えば、Vertica 8.1 から 9.1 へのバージョンアップは合計2回のバージョンアップが必要です。

 ・Vertica 7.0 → 7.1
 ・Vertica 7.1 → 7.2
 ・Vertica 7.2 → 8.0
 ・Vertica 8.0 → 8.1
 ・Vertica 8.1 → 9.0
 ・Vertica 9.0 → 9.1

バージョンアップ手順

以下でご案内するバージョンアップ手順を2回繰り返します(1回目:8.1 → 9.0、2回目:9.0 → 9.1)。
なお、8.1 → 9.0 と 9.0 → 9.1の手順で違う箇所は「2.」だけです。他の手順は、全て同一となります。

1. オンラインバックアップの取得

万が一、バージョンアップが失敗した際のリカバリ用に、既存データベースのオンラインバックアップを取得します。

Verticaのバックアップ方法
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/vertica_backup/

2. 修正スクリプトの実行

※この手順は9.0から9.1にバージョンアップする際に実施ください。
Vertica9.1では、バディプロジェクションのSELECT句とORDER BY句において、同じ順序で指定している必要があります。以前のバージョンでも非推奨でしたが、Vertica9.1からは完全に非対応になりましたので、事前に修正スクリプトを実施する必要があります。同じ順序に指定することで、Vertica内部のカタログ管理が容易となり、データベース全体のパフォーマンスを向上させることができます。

スクリプトのダウンロードおよび実施方法については、以下のドキュメントをご参照ください。
https://my.vertica.com/9-1-pre-upgrade-script/


3. データベース停止

Verticaデータベースを停止します。


4. 追加パッケージの削除

R言語等の追加パッケージを別途インストールしている場合は、アンイストールします。追加パッケージをインストールしていない場合は、この手順はスキップできます。追加パッケージをアンインストールしないと、次の「5.」でVerticaパッケージのインストールが失敗します。


5. バージョンアップ用のRPMインストール

Verticaクラスタのいずれかのノードで、rootユーザにてRPMパッケージのインストールを実施します。


6. アップグレード・コマンド実行

rootユーザにて、update_verticaを実施しバージョンアップを行います。アップグレード・コマンドのオプションは、インストール時のオプションと同じものを指定する必要があります。インストール時のオプションはadmintools.confファイルの「install_opts」より、確認ができます。
(–hostsもしくは-sオプションについては除外してください。)


7. データベース起動

Verticaデータベースを起動します。


8.追加パッケージの再インストール

「4.」でアンイストールしたパッケージがあれば、再度インストールをします。アンイストールしたパッケージが無ければ、この手順はスキップできます。

参考情報

・Upgrading Vertica
https://my.vertica.com/docs/9.1.x/HTML/index.htm#Authoring/InstallationGuide/Upgrade/UpgradingVertica.htm

検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 9.1で確認しています。