Verticaのバージョン番号は、以下の形式で表記されます。

v.r.m

例えば、2015年4月時点での最新バージョンは「7.1.1」で表記されます。

バージョン番号の構成要素については、以下を参照してください。

「v」:メジャー・バージョン

開発元(HP社)では、1年間に一度、メジャー・バージョンをリリースすることを目標としています。

「r」:マイナー・バージョン

メジャー・バージョンのリリース後、約半年でマイナー・バージョンがリリースされます。

「m」:パッチ・バージョン

不具合修正パッチをリリースするためのバージョンです。

「-n」:HotFixバージョン

パッチ・バージョンと同様、不具合修正パッチをリリースするためのバージョンです。
ユーザーにとって重大な不具合が発見された場合、開発元より緊急に提供されます。

<ソフトウェア・モジュールのバージョンについて>
ソフトウェア・モジュールのバージョンは、HotFixバージョンまでを含んだ「v.r.m-n」の形式で表記されます。
例えば、2015年4月23日時点の最新バージョンは「7.1.1-10」になります。