はじめに

本記事では、Vertica 10.0の主な制限事項について、ご紹介します。

制限事項

項目最大サイズ/最大数
ノード数128
データベースサイズディスクの最大構成によって制限されます。
概算のサイズは、サーバ上の「ファイル数」x「ファイルサイズ」です。
テーブルサイズ以下のいずれか小さい値によって、制限されます。
・2 ^ 64行/ノード
・2 ^ 63バイト/列
行サイズ(2 ^ 31) -1
(テーブルに含まれる各列のサイズを合計した値です。例えば、VARCHAR(80) のサイズは、80バイトに相当します。)
キーサイズ行サイズによって、制限されます。
データベースあたりのテーブル数/プロジェクション数カタログがメモリに収まるように、物理RAMによって制限されます。
ノードあたりの同時接続数物理RAM(またはプロセスあたりのスレッド数)によって制限されますが、OSのlimit値に依存して1024が一般的です。
同時接続数のデフォルト値は、VerticaのMaxClientSessionsパラメータにより、50に設定されています。
クラスタあたりの同時接続数物理的な単一ノードのRAM(またはプロセスあたりのスレッド数)によって制限されますが、OSのlimit値に依存して1024が一般的です。
テーブルの列数1,600
ロード時の行数2 ^ 63
プロジェクションあたりのROSコンテナ数1,024
固定長列の長さ65,000バイト
可変長列の長さ32 MB
オブジェクト名の長さ128バイト (テーブル名、カラム名も含みます。)
クエリの長さ制限はありません。
サブクエリのネストの深さFROM句、WHERE句、HAVING句による制限はありません。


参考情報

・Verticaの主な制限事項(7.1~9.3)
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/vertica-limits-71-93
・Verticaの主な制限事項(10.1)
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/vertica-limits-101

検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 10.0で確認しています。

更新履歴

2021/03/20 本記事を公開