はじめに

Verticaのバージョンアップを行った際、アプリケーションから実行されるSQLで使用されている
関数などがエラーとなり動作しない場合があります。
本番環境のバージョンアップ前に開発環境等でテストを行うことにより問題箇所や修正方法の確認を
行うことができますが、机上で影響範囲を確認する場合は、Verticaのマニュアルで確認を行います。
本記事では、バージョン毎の廃止/非推奨機能のマニュアルをご案内します。

バージョン毎の廃止/非推奨機能

各バージョン毎に廃止/非推奨機能の一覧が用意されています。
※Vertica 8.0以前についてはマニュアルがオンライン公開されていないため、Vertica 7.2以前をご利用中のお客様は弊社へお問い合わせください。

Vertica 8.1
https://www.vertica.com/docs/8.1.x/HTML/index.htm#Authoring/NewFeatures/_VersionIndependent/

Vertica 9.0
https://www.vertica.com/docs/9.0.x/HTML/index.htm#Authoring/NewFeatures/_VersionIndependent/

Vertica 9.1
https://www.vertica.com/docs/9.1.x/HTML/index.htm#Authoring/NewFeatures/_VersionIndependent/

Vertica 9.2
https://www.vertica.com/docs/9.2.x/HTML/Content/Authoring/NewFeatures/_VersionIndependent/

Vertica 9.3
https://www.vertica.com/docs/9.3.x/HTML/Content/Authoring/NewFeatures/_VersionIndependent/

Vertica 10.0
https://www.vertica.com/docs/10.0.x/HTML/Content/Authoring/NewFeatures/_VersionIndependent/

Vertica 10.1
https://www.vertica.com/docs/10.1.x/HTML/Content/Authoring/NewFeatures/_VersionIndependent/

Vertica 11.0
https://www.vertica.com/docs/11.0.x/HTML/Content/Authoring/NewFeatures/_VersionIndependent/

Vertica 11.1
https://www.vertica.com/docs/11.1.x/HTML/Content/Authoring/NewFeatures/_VersionIndependent/

参考情報

アプリケーションでSQLを自動生成しているなどの理由で実行されているSQLが分からない場合は、実行されたSQLをVertica側で確認することが可能です。
以下の2通りの方法があります。
・vertica.log を参照する
・システムテーブルを参照する

後者の「システムをテーブルを参照する」については以下の記事をご参照ください。

実行されたSQLをシステムテーブルで確認する方法
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/executed-query/

また、バージョンアップ方法については以下の記事をご参照ください。

Verticaのバージョンアップ方式について
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/version_upgrade_method/

Verticaのバージョンアップ方法について
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/verup/

Management Consoleのバージョンアップ方法について
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/verup_mc/

検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 11.1で確認しています。

更新履歴

2022/03/24 バージョン11.1用に改訂
2021/11/18 本記事を公開