はじめに

複数のテーブルを何度も結合するような処理を実行する場合、処理の途中のデータセットが大きいと、大きなデータセットのまま後続の処理も実行するため、SQL実行時間が比較的長くなるケースがあります。
このような状況を避けるためには、処理の初期段階で出来る限りデータセットを小さくする(WHERE句で抽出データを絞る)ことが大切です。

しかしながら、SQLの記述内容によっては、WHERE句で条件を指定しても初期段階でデータセットが絞り込まれないケースがあります。
本記事では、上記のケースに該当するSQL記述内容を紹介します。
データセットが絞り込まれているか確認するためには、実行計画の「Rows」を確認します。

  • 読み込みデータ量が小さい例

  • 読み込みデータ量が増加する例(上記の例よりも大きい)

  • SQL記述の留意事項

    否定演算子を使用する場合

    否定演算子を使用している場合は、読み込みデータ量が増加します。

  • 読み込みデータ量 “小”
  • 読み込みデータ量 “増”

  • WHERE句で指定する条件の左辺に関数を使用する場合

    WHERE句で指定する条件の左辺に関数を使用する場合は、読み込みデータ量が増加します。

  • 読み込みデータ量 “小”
  • 読み込みデータ量 “増”

  • LIKE演算子を使用して中間一致または後方一致で検索する場合

    LIKE演算子を使用して中間一致または後方一致で検索する場合は、読み込みデータ量が増加します。

  • 読み込みデータ量 “小”
  • 読み込みデータ量 “増”

  • IS NULL演算子を使用する場合

    IS NULL演算子を使用する場合は、読み込みデータ量が増加します。

  • 読み込みデータ量 “小”

  • ビューを作成し、ビューに対して条件を指定する場合(1)

    ビュー内のSELECTリストに検索条件項目への関数を含む場合、読み込みデータ量が増加します。

  • 本例で使用するオブジェクト
  • 種類オブジェクト名
    トランザクションテーブル「lineorder」
    マスタテーブル「date1」
    ビュー1「lo_view」
    ビュー2「lo_view2」

  • ビューの内容
  • 読み込みデータ量 “小”
  • 読み込みデータ量 “増”

  • ビューを作成し、ビューに対して条件を指定する場合(2)

    外部結合を行うビューを作成し、そのビューに対して条件を指定する場合、以下の動作をとります。

    ・トランザクションテーブル(結合元)の項目を条件に指定した場合 … 読み込みデータ量が小さい
    ・マスタテーブル(結合先)の項目を条件に使用した場合 … 読み込みデータ量が増加

    詳細は以下の記事をご参照ください。

    <外部結合を行っているViewに条件を付けて検索する際の注意点>
    http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/outer_view/

    参考

    <SQLの実行計画を確認する方法>
    http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/sql-plan/

    検証バージョンについて

    この記事の内容はVertica 9.2で確認しています。

    更新履歴

    2019/12/26 本記事を公開