はじめに

本記事では、Verticaクライアントについて以下のことをご紹介します。
・Verticaクライアントのバージョン選定
・Verticaクライアントの入手
・Verticaクライアントのセットアップ方法

Verticaクライアントのバージョン選定

Verticaクライアントを導入するにあたり、バージョンを決定するために以下の2点を確認します。
・サポートされるプラットフォーム
・Verticaサーバとのバージョンの互換性

サポートマトリックス

Verticaクライアントがサポートしているプラットフォーム

以下の記事を参考に、Verticaクライアントがサポートしているプラットフォームをご確認ください。

http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/client_support_platform

Verticaクライアントの互換性

以下の記事を参考に、VerticaサーバとVerticaクライアントのバージョン互換性をご確認ください。

http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/client-compatible

Verticaクライアントの入手

導入するVerticaクライアントのバージョンが確定したら、Verticaクライアントのダウンロードをします。
vertica.comよりダウンロードすることができます。

https://www.vertica.com/download/vertica/client-drivers/

Verticaクライアントパッケージの分類

Verticaクライアントパッケージは、大きく2種類のカテゴリで提供されています。
・全プラットフォーム共通:JDBCドライバ
・各プラットフォーム:vsqlクライアント、ADO.NETドライバ、ODBCドライバなどのコンポーネント

Verticaクライアントのセットアップ方法

今回はJDBCドライバ、Windows版、Linux版のセットアップ方法を記載します。
現時点で入手できる最新のバージョンは「11.1.0」ですので、このバージョンを前提とします。

Verticaクライアントのセットアップ(JDBC版)

上記のダウンロードサイトから入手した「vertica-jdbc-11.1.0-0.jar」ファイルをクライアントマシンの任意のディレクトリに配置します。
CLASSPATH環境変数にjarファイルを配置したディレクトリのパスを通します。

Verticaクライアントのセットアップ(Windows版)

注意点
Microsoft .NET Framework 3.5 SP1 以降が必須ですので、予めインストールしてください。

Windows Server 2019でのセットアップを例に記載します。
vertica.comからダウンロードした「VerticaSetup-11.1.0-0.exe」ファイルをCドライブ配下の任意の場所に配置します。今回はCドライブ配下のworkフォルダに配置します。




「VerticaSetup-11.1.0-0.exe」ファイルをダブルクリックして実行します。
以下のようなセキュリティの警告が表示されたら「実行(R)」ボタンをクリックします。




セットアップウィーザードが表示されます。
「Install」ボタンをクリックします。




画面左側にインストールするコンポーネントがリストされます。
不要なコンポーネントがある場合はチェックボックスからチェックを外します。
今回はすべてのコンポーネントにチェックが入った状態(デフォルト)で進めることにします。




インストールを実施する前の確認画面が表示されます。
問題がなければ「Proceed…」ボタンをクリックします。




インストール状態を示すプログレスバーが表示されます。




インストールが成功すると以下のような画面が表示されます。
「Finish」ボタンをクリックして完了です。




インストールが完了すると、インストール先の親フォルダにはコンポーネント別にフォルダが分けられた状態でインストールされます。

08



WindowsのPATHなどの環境変数にインストールディレクトリを設定します。

09


Verticaクライアントのセットアップ(Linux版)

Linux版にはrpm版とtar版の2種類のパッケージがあります。
通常はrpm版のパッケージをお使いください。
rpm版の場合はインストール先ディレクトリが「/opt/vertica」になりますが、別のディレクトリにインストール先を変更したい場合にはtar版をお使いください。

rpm版のインストールは以下のように行います。


tar版のインストールは以下のように行います。
/home/dbadminディレクトリの配下にインストールする例を記載します。


rpm版、tar版のいずれかでインストールが完了したら、PATHなどの環境変数に設定します。

参考情報

「Microsoft Excel」と「Microsoft Access」からの接続方法について
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/ms_excel

Client Drivers
https://www.vertica.com/docs/11.1.x/



検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 11.1で確認しています。

更新履歴

2022/03/29 バージョン11.1用に改訂
2020/05/26 バージョン9.1用に改訂
2016/07/06 本記事を公開