はじめに

VerticaがサポートするOSについて、よく問い合わせのあるOSのアップデートについて記載します。

VerticaでサポートされるOSバージョン

VerticaがサポートするOSバージョンはマニュアルに記載されています。
Supported Operating Systems and Operating System Versions

利用者の多いRHELとCentOSにフォーカスすると、Vertica 9.1でサポートされるバージョンは以下になります。
RHEL 6.6, 6.7, 6.8, 6.9, 7.0, 7.3, 7.4
CentOS 6.6, 6.7, 6.8, 6.9, 7.0, 7.3, 7.4

例えば、OSの不具合を修正したerrataアップデートがリリースされると、yumコマンドなどを使ってアップデートすることができます。
しかし、VerticaでのサポートOSの観点では、Verticaメーカーで正式な動作確認が行われているバージョンのみをサポートします。
つまり、マニュアルに記載のある上記バージョンだけがサポートOSであり、個別のerrataをアップデートしたものはサポート対象外となります。
何かしらの問題が発生した際に、事象の再現性に影響が出る可能性があるからです。

例外

OSのバグに起因してVerticaに悪影響がある場合には、Verticaのサポートセンターのガイドの元に該当errataをアップデートすることができます。

まとめ

原則、VerticaでサポートされるOSはマニュアルに記載のあるバージョンのみとなりますので、errataのアップデート運用にはご注意ください。

検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 9.1で確認しています。