NULLデータをロードする場合、ロードオプションとCSVフォーマットそれぞれに注意事項があります。

ロード時のNULLオプション

VerticaではNULLオプションのデフォルトは「”(空の文字列)」として扱われます。
NULLとして扱うようにするには、COPYコマンドのオプションで’NULL’を指定します。

 NULL as ” ・・・ ”空の文字列をNULLデータとしてロード(※デフォルト)
 NULL as ‘NULL’ ・・・ “NULL”や”null”の文字をNULLデータとしてロード


NULLオプションの指定によって以下のとおりNULLデータの扱いが異なります。

NULLデータとしたい対象データ指定するNULLオプション
空の文字列NULL as ''
"NULL" , "null"NULL as 'NULL'


ETLツールとデータ連携処理を行う場合には、NULLデータの扱い方針を決めた上で、囲み文字やNULLデータの出力形式を統一して想定した形でロードできるようにしてください。


参考情報

NULLデータと空文字データの扱いの差異につて以下の記事もご確認ください。
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/difference-null-and-empty/


検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 7.1で確認しています。