はじめに

Management Console9.1より前は、Verticsaの内部テーブルの利用状況のみ確認できましたが、9.1からは、外部テーブルとHCatalogの詳細情報を確認できるようになりました。

外部テーブルの確認方法

1. ログイン後、[View Your Infrastructure]メニューを選択します。



2. [External Tables]メニューを選択します。

3. [External Tables Details]画面が表示されます。

各項目の説明は、以下のとおりです。

項目説明
①Schema Name外部テーブルが格納されているスキーマ名
②Table Name外部テーブル名
③Source Formatソース・ファイルのデータ形式
ORC、PARQUET、DELIMITED、USER DEFINEDのいずれか、
これら以外の場合はNULLを表示
④Total File Count外部テーブルのデータを格納するために使用されるファイルの数
⑤Total File Size外部テーブルのすべてのデータファイルで使用された合計バイト数
⑥Source Statementソース・ファイルからデータをコピーするために利用するステートメント
⑦File Access Errorソース・ステートメントに戻されたアクセス・エラー。 アクセス・エラーがなかった場合はNULLを表示


HCatalogの確認方法

1. HCatalogの詳細情報は[HCatalog Details]メニューより、確認することができます。

2. [HCatalog Details]画面が表示されます。

参考情報

CSVファイルを外部テーブルとして利用する方法
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/external-table-on-vertica/

HDFS上のデータをVerticaのテーブルにロードする方法(Hadoop連携)
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/hdfs_connect_load/

検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 9.1で確認しています。