はじめに

仮想環境やクラウド環境にVerticaを導入している場合、性能向上の目的やコスト削減の目的などで物理メモリサイズを拡張/縮小させたい場面があります。本稿では、物理メモリサイズを変更する場合にVertica側で必要となる作業を解説します。

作業内容

概要

① local_verifyを実行
② ユーザ定義リソースプールのmaxmemorysizeを変更
③ Vertica停止
④ サーバ(OS)停止
⑤ メモリ増設
⑥ サーバ(OS)起動
⑦ 増設したメモリが認識されているか確認
⑧ local_verifyを実行
⑨ カーネルパラメータ変更
⑩ サーバ(OS)再起動
⑪ local_verifyを実行
⑫ Vertica起動

① local_verifyを実行

メモリ増設前にシステム要件を満たしているか確認をおこないます。
以下のコマンドを全ノードにてrootユーザで実行します。


Verticaの要件を満たしている場合は、「fail:0」が出力されます。


② ユーザ定義リソースプールのmaxmemorysizeを変更

ユーザ定義のリソースプールを作成してmaxmemorysizeを明示的に定義している場合は、必要に応じてmaxmemorysizeの値も調整します。

以下は、testpoolリソースプールのmaxmemorysizeを5GBから10GBへ拡張する場合の例です。


③ Vertica停止

メモリ増設をするために、Verticaを停止します。
Management Console→エージェント→Verticaデータベースの順で停止します。

④ サーバ(OS)停止

メモリ増設をするために、サーバ(OS)を停止します。
ご利用環境の手順にしたがって、停止をしてください。

⑤ メモリ増設

メモリの増設をします。
ご利用環境の手順にしたがって、増設をしてください。

⑥ サーバ(OS)を起動

サーバ(OS)を起動します。
ご利用環境の手順にしたがって、起動をしてください。

⑦ 増設したメモリが認識されているか確認

増設したメモリがハードウェア、OSレベルで認識されているか、確認します。
ご利用環境の手順にしたがって、確認をしてください。

⑧ local_verifyを実行

以下のコマンドを全ノードにてrootユーザで実行します。


メモリサイズが変わることで、local_verifyが検出する可能性のあるパラメータは以下のとおりです。
local_verifyが検出したものだけを対応してください。各パラメータを(a)~(f)として、以下に記載します。

⑨ カーネルパラメータ変更

「⑧」の検出内容に修正するために、各パラメータを全ノードで変更します。

[設定ファイル]


[パラメータ]
設定例を以下に記載していますが、設定値にはlocal_verifyが出力する推奨値を指定してください。


⑩ サーバ(OS)再起動

カーネルパラメータの設定変更を反映するために、サーバ(OS)再起動を実行します。

⑪ local_verifyを実行

設定に漏れがないかの確認をおこなうため、以下のコマンドを全ノードにてrootユーザで実行します。


Verticaの要件を満たしている場合は、「fail:0」が出力されます。


⑫ Vertica起動

Management Console、エージェント、Verticaデータベースのステータスを確認します。
もし、停止している場合は起動します。

検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 9.2で確認しています。

更新履歴

2019/11/08 全体的に手順を修正、バージョン9.2用に修正
2018/07/26 本記事を公開