データベース管理作業の多くは「Administration Tools」上で実施できますが「Management Console」では、より多くのことを視覚的に行えます。以下の表は「Management Console」と「Administration Tools」で利用可能な機能を比較したものです。

機能比較

番号機能名Management
Console
Administration
Tools
1Web UIの提供 ×
2単一、複数データベースの管理と監視×
3異なるクラスタの複数データベースの管理
4データベースクラスタの状態確認
5複数クラスタの状態確認×
6データベースへの接続
7既存データベースの起動・停止
8ホスト上のVerticaの起動・停止
9ホスト上のVerticaプロセスの強制停止×
10単一、複数データベースの作成
11データベースの参照
12監視中のデータベースを監視対象から除外 ×
13データベースの削除
14物理スキーマデザインの作成(データベース・デザイナ)
15物理スキーマデザインの修正(データベース・デザイナ)
16再起動ポリシーの設定×
17Last Good Epochへのロールバック×
18クラスタの管理(追加、置き換え、ホストからの削除)
19ノードをまたがるデータベースのデータ再配置
20データベース・パラメータの動的変更×
21物理的なリソース使用量におけるデータベース稼働状況の確認×
22アラートとメッセージの直接参照×
23データベースサイズと使用状況の統計の確認×
24データベースサイズの時間経過の使用状況の確認×
25ライセンスファイルのアップロード、アップグレード
26ログイン時にライセンス違反についてユーザーに警告する
27ユーザやユーザ情報の作成、編集、管理、削除×
28LDAPによるユーザ認証
29ロールによるユーザのMCへの接続管理×
30HP Verticaのデータベースへのマップ管理コンソールのユーザー×
31データベースへのユーザアクセスの有効化/無効化×
32データベース上のユーザ行動の監査×
33ロールによってユーザに機能を隠す×
34新しいユーザー(非LDAP)のパスワードを生成×

参考情報

Management Consoleを利用したDatabase Designerの実行手順
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/execute-database-designer-using-management-console/

admintoolsを利用したDatabase Designerの実行手順
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/execute-database-designer-using-admintools/