はじめに

機械学習で作成したモデルのサマリー情報を確認する場合は、GET_MODEL_SUMMARY関数を使用します。
サマリー情報では、説明変数のp値や、モデル作成時に使用した説明変数やハイパーパラメータの値などを確認できます。

例えば、どんなモデルを作成したか忘れてしまった場合や、モデル作成者がいなくなってしまった場合でも、GET_MODEL_SUMMARY関数を使用すれば簡単にモデルの情報を確認できます。

GET_MODEL_SUMMARY

コマンド構文


利用例

例として事前にロジスティック回帰分析を使用したmyLrClassModelモデルをしておきます。


myLrClassModelモデルのサマリー情報を確認します。


参考情報

GET_MODEL_SUMMARY
https://my.vertica.com/docs/9.0.x/HTML/index.htm#Authoring/SQLReferenceManual/Functions/MachineLearning/GET_MODEL_SUMMARY.htm

検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 9.0.2で確認しています。