はじめに

EXPORT_CATALOG関数を使用して、データベース内のオブジェクトを定義するDDLをエクスポートできます。
データベースの物理設計を、別の環境でも再現したい場合に便利です。

構文

EXPORT_CATALOG ( [ ‘destination’ ] , [ ‘scope’ ] )
パラメータ説明
destination出力先のディレクトリを指定します。
以下2種類の指定が行えます。

・空の文字列('')
DDLを標準出力に出力します。
・DDL出力先のディレクトリ
スーパーユーザーのみ指定できます。
存在しないファイルを指定すると、新たにファイルが作成されます。
ファイルが既に存在する場合は、その内容を上書きします。
scopeエクスポート対象を指定します。

・DESIGN(デフォルト)
ユーザーがアクセスできるスキーマ、テーブル、制約、ビュー、プロジェクション、SQL関数をエクスポートします。

・DESIGN_ALL
全てのデザイン生成DDLと、データベースデザイナーで作成されたシステムオブジェクトをエクスポートします。
対象は実行ユーザーがアクセスできるオブジェクトのみです。

・TABLES
ユーザーがアクセス可能な全てのテーブルと制約をエクスポートします。

・DIRECTED_QUERIES
データベースに保存されている全てのディレクトクエリをエクスポートします。


使用例

出力範囲を’DESIGN’と指定して、結果を標準出力します。
テーブル定義やプロジェクション定義が出力されていることが分かります。


参考情報

EXPORT_CATALOG
https://www.vertica.com/docs/9.2.x/HTML/Content/Authoring/SQLReferenceManual/Functions/VerticaFunctions/EXPORT_CATALOG.htm

Exporting the Catalog
https://www.vertica.com/docs/9.2.x/HTML/Content/Authoring/AdministratorsGuide/CopyExportData/ExportingTheCatalog.htm

検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 9.2で確認しています。

更新履歴

2019/08/30 本記事を公開