3つ以上の文字列を連結する

3つ以上の文字列を連結する方法(関数)はデータベースの種類やバージョンにより異なります。
Verticaでは以下の何れかの方法にて3つ以上の文字列を連結することが可能です。

CONCAT関数を入れ子にする

CONCAT(‘aaa’,’bbb’,’ccc’)といったように、文字列をそのまま3つ以上指定した場合はエラーとなりますが、以下のようにCONCAT関数を入れ子にすることで3つ以上の文字列であっても連結することが可能です。


「||」(パイプ)を使用する

CONCAT関数の代わりに「||」(パイプ)を使用することも可能です。
パイプを使用した場合は、3つ以上の文字列であってもそのまま連結することが可能です。

2つの文字列を連結した場合


3つの文字列を連結した場合

検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 7.2で確認しています。