はじめに

Verticaは、クライアント上にあるCSVファイルをリモートサーバのデータベースにロードすることができます。
DBサーバにCSVファイルをコピーする手間を省くことができるので、「DBサーバにCSVファイルを配置する空き領域がない場合」や「セキュリティの制約でOSユーザでDBサーバにログインさせたくない場合」に利用できます。

構文

copyコマンドの実行時に「local」パラメータを使用し、ロード対象のファイルを指定します。
copy <テーブル名> from local ‘<ファイルパス>‘ ;

実行例

事前にクライアントにvsqlをインストールします。vsqlのインストール方法は「Verticaクライアントの導入」で詳しく解説しているので、参考にしてください。


参考情報

データロードの基本
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/dataload_overview/

検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 7.2で確認しています。