はじめに

Verticaが提供するクライアントドライバと、Verticaサーバ(データベース)の互換性をご紹介します。

バージョン対応表

クライアントドライバ互換性のあるVerticaサーバ
ODBC7.1.x以降
JDBC7.2.x以降
ADO.NET7.2.x以降
FIPS対応のODBCFIPS対応の8.0.x以降(Vertica 9.3.xおよび10.0.xではFIPSを有効にできません)
FIPS対応のJDBC FIPS対応の8.1.x以降(Vertica 9.3.xおよび10.0.xではFIPSを有効にできません)

留意事項

Verticaサーバとクライアントドライバの間では、双方向で上位および下位の互換性があります。例えば、以下の組み合わせはいずれも互換性があります。

例1: 「ODBCドライバ 11.1」 と 「Verticaサーバ 10.0」 の利用
例2: 「JDBCドライバ 9.1」 と 「Verticaサーバ 11.1」 の利用
例3: 「ADO.NETドライバ 11.1」 と 「Verticaサーバ 7.2」 の利用

ただし、Verticaサーバで新しく実装された機能は、古いバージョンのクライアントドライバで使用できない場合があるので、ご注意ください。

参考情報

・Vertica Client製品のコンポーネント
http://vertica-tech.ashisuto.co.jp/vertica-client/

・Client Driver and Server Version Compatibility
https://www.vertica.com/docs/11.1.x/

検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 11.1で確認しています。

更新履歴

2022/03/19 バージョン11.1用に改訂
2020/05/21 バージョン9.1用に改訂
2015/10/08 本記事を公開