はじめに

SELECTリストに指定した列数が多い場合、ターミナルの横幅で改行されるため結果を確認しにくくなります。
このような場合には、横表示から縦表示に変更することで検索結果を確認しやすくなります。


デフォルトの横表示の例

列数が多い場合には値を確認しにくくなります。
※ターミナルの表示では、横幅のサイズで折り返されます。



縦表示に切り替える方法

vsqlで\xを実行することでデフォルトの横表示から縦表示に変更できます。



なお、横表示に戻す場合には、もう一度「\x」を実行します。



補足情報

\xコマンドと\pset expandedは同義です。



関連情報

vsqlでSQLの実行時間を確認する方法


検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 7.1で確認しています。