はじめに

この記事ではデータベースパスワード(DBユーザ:dbadminのパスワード)の変更方法をご紹介します。

データベースパスワードの変更方法は以下の2種類があります。
 (1) vsql から SQL を用いて変更する方法
 (2) Management Console(以下、MC) から変更する方法

(1)の vsql から変更した場合や、MC が複数サーバーに存在する場合は、後述の “MC に保存されたデータベースパスワードの変更” が必要ですのでご注意ください。

データベースパスワードの変更方法:vsql編

一般的なデータベースと同様に ALTER USER コマンドを使用して、パスワードを変更する方法です。

変更手順

コマンド構文

vsql にて dbadminユーザに接続し、以下の SQL を実行します。
ALTER USER dbadmin IDENTIFIED BY ‘<new password>’;

実行例


補足

この手順でパスワード変更した場合は、”MC に保存されたデータベースパスワードの変更方法” もあわせてご確認ください。

データベースパスワードの変更方法:MC編

MC の設定管理機能を使用して、パスワードを変更する方法です。
こちらの手順を使用するとデータベースのパスワード変更とともに、MC に保存されているデータベースパスワードも同時に変更されます。

変更手順

1.MC の Overview 画面下段にあるメニューから「Settings」を選択します。


2.画面左側のペインより、「Password」を選択します。
3.”Current password” に現在のパスワードを、”New password””Confirm password” に
  新しいパスワードを入力します。

4.画面右上の「Apply」をクリックします。


5.”Password has been successfully changed.” と表示されることを確認して「Close」を
  クリックします。



以上で、MC を使用したデータベースのパスワード変更手順は完了です。

補足

MC の設定は、MC が稼働しているノード毎に保持します。
そのため、複数のサーバーに MC をインストールしている場合は、残りの MC に保存されているパスワードの変更が必要です。
詳細な手順は、”MC に保存されたデータベースパスワードの変更方法” をご確認ください。

MC に保存されたデータベースパスワードの変更方法

MC に保存されているデータベースパスワードを変更する方法です。

変更手順

1.MC が稼働しているサーバに接続し、MC プロセス(vertica-consoled)の再起動を行います。

 ※vertica-consoled プロセスの停止、起動方法は以下の記事をご参照ください。
  Verticaデータベースと関連サービスの起動/停止方法(コマンド)


2.MC にログインし、Top 画面から対象のデータベースをクリックします。
 ※対象のデータベースが、”Recent Databases” に表示されていない場合は、
  ”View Your Infrastructure” メニューをからデータベースを選択してください。


3.パスワード入力ダイアログが表示されるため、”Username:” に <dbadmin>、
  ”Password:” に新しいパスワードを入力し、「OK」をクリックします。



4.”Password has been successfully validated” と表示されることを確認し、
  「Close」をクリックします。



以上で MC に保存されているパスワードの変更は完了です。

補足

MC の再起動を実施しないと MC に保存されているパスワードの変更が正常に行われません。
結果として、MC からデータベースの停止/起動操作を実施した場合にエラーが発生しますので、必ず再起動後に行ってください。

検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 9.1で確認しています。