vsqlの標準出力ファイルに追記する方法


vsqlの「\o ファイル名」でSQLの結果をファイルに出力する際、ファイルが存在する場合は上書きされます。
存在するファイルに追記するには「\o | cat >> ファイル名」で追記することができます。

使用例

SQLの実行結果をファイルに出力します


ファイルの内容を確認します


SQLの実行結果を存在するファイルに追記します


ファイルの内容を確認します。
追記されていることが確認できます。


検証バージョンについて

この記事の内容はVertica 7.1で確認しています。